システムエンジニア・プログラマーの仕事とは

システムエンジニアに必要な要素

システムエンジニア

システムエンジニアに求められる能力は、単に技術力だけではありません。システム開発の全てに携わるため、お客様と直接折衝したり、プロジェクトメンバーと積極的に情報・意見交換を行い、システム開発作業を円滑に進めていくコミュニケーション能力が必要となります。

設計書どおりにシステムを組めるかが大事!

プログラマー

プログラマーは実装作業をメインで行う作業者です。システムエンジニアが作成した設計書どおりにシステムを作り上げる技術者として重要な役割を果たします。

システム開発の工程

要件定義(ヒヤリング)

お客様が求めるシステムはどのようなものかを明らかにするために、ヒアリング、業務分析を行います。お客様のご要望を聞くのみではなく、技術者の視点から積極的に提案していく力が必要になります。
分析が終わると開発に必要な技術者の人数、期間などが決まります。


STEP2.設計(デザイン)

取り扱うデータの内容や具体的な処理方法を書面化します。設計書の出来により、この後の工程にやり直しが生じる場合がありますので、とても重要です。


STEP3.実装(プログラミング)

設計書をもとにプログラムを作成します。完成したプログラムを後々メンテナンスすることを想定し、見やすく無駄のないプログラムを作ることが重要です。


STEP4.試験(テスト)

実装で作成された機能が設計書通りの仕様を満たしているか、システム性能をテストします。単体テスト、結合テスト、システムテストなど、細分化されたテスト工程をクリアすると、納入となります。


STEP5.納入(リリース)

前工程により単体テスト、結合テスト、システムテストなどの細分化されたテスト工程をクリアしたシステムが納入(リリース)を迎えます。



 

copyright 2016 USL Corp. All right reserved